診察案内

整形外科は運動器の専門家であり、主に神経、筋肉、骨、靭帯、関節などを扱います。 痛み、しびれ、腫れ、怪我、動かしにくい等の症状は当院におまかせください。スポーツによる障害、打撲、捻挫、骨折、脱臼、切り傷などの怪我、外傷の対応、処置もいたします。
首、腰、背中、肩、胸、腕、肘、手、指、股、太腿、膝、下腿、足首、足のすべてを対象とし、
患者様お一人お一人に応じた治療方法をご提案させていただきます。

院長は整形外科の専門医です。お身体に不具合を感じたときは、ぜひご相談ください。野球肩、野球肘、腰椎分離症、ジャンパーズ膝、オスグッド病、シンスプリント、疲労骨折などのスポーツ障害に関しても対応しています。

自分で判断せず、まずは専門家にご相談ください

こちらのホームページでご紹介するお話は、参考程度にお考えください。知識が充分ではない一般の方が、ご自身の身体のことをご自身で判断すると、症状を悪化させてしまうリスクがあります。 ですからぜひ、症状、原因、治療のことは、私たち専門家におまかせください。こちらを読んで悩まれたり、迷ったりするような状況であれば、お気軽にご相談ください。専門家としての立場で、問題解決のお手伝いをさせていただきます。

痛みの原因は、人それぞれ

首、肩、腰、膝の痛みに悩んでいませんか。その原因は、人によってそれぞれ異なります。適切な診察と検査を行い、まずは痛みの原因を明らかにしましょう。
当院ではレントゲン、骨密度、血管年齢、血液検査等の検査を行っています。原因に応じた適切な治療を行うことで痛みは和らぎます。 長年悩ませ続けられてきた痛みの原因。それは神経からくる症状か、骨か、筋肉か、または血流か。痛みの原因を特定し、専門的な見地から最適な治療法をご提案します。
原因が特定できない場合、または症状が長引く場合は、連携施設でMRIによる検査や精査も行わせていただいています。

診察の流れ

問診→診察→検査

当院では、患者様を悩ませる痛みの原因を明らかにするために、特に問診を重視しています。
生活状況はどうか? どんなときに症状が現れるか? 一番、困っていることは何なのか?患者様のライフスタイルからお身体の状態まで、詳しくお伺いします。
続いて診察をします。視診、触診を行います。お身体を視て、触らせていただき、動かすことで、身体所見をとらせていただきます。その後、詳しい検査を行わせていただきます。 問診、診察、検査を総合的に判断して診断します。 診断結果をご説明させていただき、生活状況も踏まえた上での治療法を提案します。 治療に関しては、患者様ご本人に選択していただくことができます。
人生は自分自身のもの、ご自分の人生を生きることのお手伝いが、私の使命だと考えています。
整形外科の診察と説明には、お時間をいただくことをご容赦ください。患者様お一人お一人と向き合い、真摯に対応することをお約束します。 「患者様も私たちも笑顔でいたい」、それが当院の想いだからです。

患者様お一人お一人に合わせた治療をご提案

痛みの原因は人それぞれです。ライフスタイルによって症状も異なります。 患者様お一人お一人の症状と原因に応じた治療をご提案させていただきます。生活指導、運動の提案と指導。リハビリテーションの提案と指導。消炎鎮痛薬の飲み薬や貼り薬の提案。関節内注射、トリガーポイント注射、各種ブロック等の注射による治療の提案。牽引、干渉波やSSP等による電気療法。マイクロ波やキセノン照射、レーザー照射による温熱療法。各種の物理療法。その状況に応じての治療法をオーダーメードで提案させていただきます。

痛みの治療はオーダーメイド

痛みの原因は人それぞれです。環境によって症状も異なります。症状と原因に応じた治療を提案させていただきます。生活指導、運動の提案と指導。リハビリテーションの提案と指導。消炎鎮痛薬の飲み薬や貼り薬の提案。関節内注射、トリガーポイント注射、各種ブロック等の注射による治療の提案。牽引、干渉波やSSP等による電気療法。マイクロ波やキセノン照射、レーザー照射による温熱療法。各種の物理療法。その状況に応じての治療法をオーダーメードで提案させていただきます。

首の痛みについて

  • 神経からくる痛み
  • 骨の変形に伴うもの
  • 筋肉の炎症や疲れからくるもの
  • 血行の障害から生じるもの

首は特に、ライフスタイルが痛みの原因になることも多い部位でもあります。問診と診察とレレントゲンで原因を調べて、最適な治療方法をご提案させていただきます。

首の痛みは、日常生活の改善でかなり改善されますので、場合によっては生活指導、運動指導もさせていただきます。そのほか、消炎鎮痛薬の内服、外用薬の処方、トリガーポイント注射、牽引やSSP等の物理療法のご提案もさせていただいています。 症状が重篤な場合、手術療法が適応の場合は、連携施設と相談をして対応いたします。

肩の痛みについて

  • 肩の痛みの最もポピュラーな原因の一つは、肩関節周囲炎、いわゆる四十肩です。

肩関節の周りにある腱板と呼ばれる薄い筋肉、インナーマッスルとも呼ばれる筋肉の消耗や障害によるケースが多くあります。腱板やインナーマッスルの機能障害が原因のこともあります。

カフ・エクササイスとよばれている体操、スカプラ・エクササイスという肩甲骨の運動療法を行うことで、肩の機能が改善され、症状の軽減につながります。そして、体幹機能を強くすることも、肩関節の負担を軽減し、肩の痛みの軽減につながります。また、痛みが強く、関節の機能が低下しているときは、ヒアルロン酸等の関節内注射も有効です。関節軟骨や骨の変形による痛みの場合もあります。この場合にはヒアルロン酸の関節内注射が効果的です。症状に応じて、消炎鎮痛薬の内服薬、外用薬も有効になります。
肩の痛みには、運動療法の指導、関節内注射、トリガーポイント注射、消炎鎮痛薬による治療をアレンジして行わせていただいています。よく「四十肩は、放っておいても治るから、放っておいたら」と言われることもありますが、これはおすすめできません。放っておくと、凍結肩と言われる状態になってしまい、症状が数か月から年単位で継続してしまう場合もあります。 また、肩関節周囲炎ではない場合もあります。
単なる四十肩だと思って放置をせずに、整形外科の医師の診察をおすすめします。整形外科の専門医ならば、間違いない判断と対応が行えます。

腰の痛みについて

  • 神経、骨、筋肉、内科的な病気が原因になることがほとんどです。

原因は、問診、診察、レントゲンにより判断します。判断が困難な場合は連携施設でのMRIでの精密検査を行います。

原因に応じて、生活指導、コルセット着用、消炎鎮痛剤の投与、トリガーポイント注射、ブロックの提案、運動の指導、牽引、温熱療法、干渉波の電気療法等の物理療法による治療を行います。症状が長期に持続し、コントロールが厳しい場合は、連携施設での手術の提案を行う場合もあります。
腰痛の効果的な対処法は、原因を明確にして適切な治療を行うこと。これに尽きます。 何が原因で、対応をどうすれば良いのかを、専門家として分かりやすくアドバイスいたしますので、我慢せず、お気軽にご相談ください。

膝の痛みについて

  • 軟骨、関節、半月板、靭帯、関節包、滑膜の損傷が主な原因です。

どのような状態なのかは、レントゲンにより判断します。
膝をよく動かしながら、動き方、引っかかりや、音を感じ原因の場所を判断します。

損傷の原因はさまざまで、膝の使い方、筋力低下、関節の拘縮、外傷、老化が挙げられます。 膝の痛みには、特に、生活指導、筋力トレーニング、運動指導が、症状の改善に効果があります。そのために大切なことは、運動を始めること、続けることです。合わせて、サポーターの着用、消炎鎮痛剤の内服、外用も、症状のコントロールには有効です。必要に応じて、軟骨の保護のために、ヒアルロン酸の関節内注射を行うことも考慮に入れます。
もし運動を積極的に行えない場合は、干渉波による電気療法も有効です。
すべての治療を行っても症状が改善しない場合は、連携施設での手術による治療もご提案します。

骨密度検診、骨粗鬆症検診 − 骨密度を把握して、骨の健康を守りましょう! −

「骨密度」とは、その名の通り骨の密度を表す数値のことです。
骨密度が低下すると、骨の中身がスカスカの「骨粗鬆症」という状態になり、骨折や背骨の変形を引き起こすリスクを高めます。

  • 骨密度の低下は骨粗鬆症につながります。
  • 骨粗鬆症の状態になると、骨折を起こす可能性が高くなります。
  • 背骨の変形を起こしやすくなります。

当院は、骨密度の計測を行っています。結果に応じて、骨密度の治療の提案をしています。
骨のこと。骨粗鬆症に関しては院長におまかせください。院長の得意分野です。適切な治療とアドバイスを提案いたします。
骨密度の計測は、約3分ほどで簡単にできます。保険適用です。ご希望の方は、いつでも遠慮なくスタッフにお話してください。

血管年齢計測について

「血管年齢」とは、血管の硬さを示す数値です。「血管年齢」を知ることは身体の状態を知ること、より健康な毎日を送るために重要な情報です。 血管が固くなった状態のことを血管の老化と言い、これが進行すると、脳や心臓の病気を引き起こすリスクを高めます。また、動脈硬化から全身の血流が悪くなり、手足のしびれや冷えなどの症状を引き起こすこともあります。 老化の原因としては、高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙、運動不足、食生活の乱れ等が挙げられ、「血管年齢」に配慮した生活を送ることで、あらゆる病気への予防が期待できます。



  • 高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙、運動不足、食生活の乱れ等で、血管が固くなります。
  • 血管が固くなった状態が血管の老化です。
  • 血管が硬くなると、脳や心臓の病気になりやすくなります。
  • 血管が硬くなると全身の血流が悪くなります。つまり、全身に影響を出しやすくなります。
  • 心臓や脳の血流が少なくなると生命に関わることもあります。
  • 手足のしびれや冷えにつながることもあります。
  • また血管が硬くなると、血管が詰まったり、破けやすくなります。

当院では、CAVIという計測器で「血管年齢」の計測を行っています。約5分程度の検査で血管の弾力性から「血管年齢」を割り出します。そして、現在の身体の状態を知っていただいた上で、グッドエイジングのお手伝いをさせていただいています。 「血管年齢」の検査は保険適用です。検査をご希望される方はお気軽に当院スタッフまでお話ください。

 皮膚科

リハビリテーション科